絶対に二重になりたい人へ

[]
公開日: 2019年3月2日

「絶対に二重になる方法」を求めて、こちらのサイトにたどり着かれた方は、おそらく二重まぶたになることに対し、並々ならない決意をもっていらっしゃる方だと思います。

いろいろな方法を試された上で、あまり良い結果が得られず、さらに違う方法はないかと探されている方かもしれません。

でもですね、確実に二重まぶたになる方法は、実はたった1つしかないんですよ。


⇒自宅で確実に二重まぶたになる方法はコチラ


これは、この前行ったアンケート調査の結果「 日本人女性の一重・二重・奥二重の割合についてアンケート調査しました!」でもわかっています。

後ほど詳しくご紹介しますが、上記の記事では様々な二重まぶたになる方法についてアンケート調査を実施し、その結果について解説しています。

そして、それらの方法のほとんどが、生まれつきのまぶたの形状によっては、二重まぶたになる人もいれば、ならない人もいるということがわかっています。

では、確実に二重まぶたになる方法とは、どんな方法なのでしょうか?

ずばり言ってしまうと、それは美容整形です。

自力で二重まぶたになる方法を探されている方の中には、これを聞いて、がっかりされた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ページを閉じるのはちょっと待ってください。

最近のまぶたの美容整形は、多くの人が想像されているような施術方法ではないです。

通常、美容整形と聞くと、まぶたにメスを入れて手術をし、出来上がった二重まぶたが気に入らなくても元には戻せないと思っている方が多いようですが、そんなことはありません。

メスを使わずにまぶたの皮膚を縫い合わせるだけの「埋没法」と呼ばれる施術方法が現在では主流となっています。施術時間も10分程度と負担も軽く、プチ整形とも呼ばれています。

そして、この施術方法では出来上がった二重まぶたが気に入らなかった場合には、簡単に元の状態に戻すこともできます。

ですから、試しに受けてみて、気に入らなければ元に戻すといったことも可能なわけです。

実際、上記のアンケート調査でもまぶたの美容整形を受けた19人の中で、2人の方が元のまぶたの状態に戻しています。

二重LP

二重LP

二重になる方法はいろいろあるけれど絶対に二重になる方法は1つ
まぶたが変わった要因グラフ

上のグラフは、生まれつきのまぶたのタイプから、異なったタイプのまぶたになったと回答した139人の内訳です。

その中で1番多かったのは、「加齢により自然とまぶたのタイプが変わった」と回答した53人で、次に多かったのは「アイプチ・アイテープの使用により二重のクセがついた」で43人となっています。

このほか、美容整形、ダイエット、まぶたのマッサージと続きます。

確実に二重まぶたになるなら美容整形
やはり、なんといっても美容整形は確実です。今回の調査では美容整形を受けられた方全員が、 1度は二重まぶた、もしくは奥二重まぶたになっています。

ただし、この16名の方以外に2名の方が、1度は二重まぶたになりながら、元のまぶたの状態に戻しています。

やはり、たとえ美容整形で二重まぶたになっても、違和感を感じ、元の状態に戻したいと思う方は一定数いるようですね。

このような場合にも「埋没法」ならば、比較的容易に元の状態に戻すことが可能です。

美容整形で二重まぶたになる施術方法は2つ
美容整形で二重まぶたを作る施術方法は、2つあります。 1つは上でご紹介した「埋没法」で、まぶたの皮膚と軟骨を縫い合せ、二重のラインを形成する施術方法です。施術時間も10分程度と手軽に行なえます。

二重まぶたの美容整形を行う場合は、こちらの方法が第一選択肢となります。

ただ、こちらの 「埋没法」では、生まれつきのまぶたの形状により、施術を受ける方が希望するまぶたの形状にすることが難しい場合があります。

例えば、かなりまぶたに厚みのある一重まぶたの方が、欧米人のような二重のラインに幅がある二重まぶたを希望される場合などです。

このような場合には、次の選択肢として「切開法」が用いられます。

「切開法」はまぶたをメスで切開し、脂肪を取り除いて皮膚と軟骨を癒着させる施術方法です。こちらの方法では施術を行ってから完治までには、約1ヶ月ほどかかります。

また、仕上がりが気に入らなかった場合には修正することは可能ですが、 「埋没法」のように簡単に元に戻せるわけではありません。

自分にどのような施術方法があっているのか、カウンセリングを受けて、よく話し合った上で決めることが重要です。



⇒自宅で確実に二重まぶたになる方法はコチラ


このページの先頭へ