ホウケイを確実に改善できる方法など

[]
公開日: 2019年3月2日

包茎とは、男性の亀頭が包皮で覆われている状態を指しますが、この包茎には男性にとって見過ごすことの出来ない非常に多くのデメリットが存在します。
包茎をそのままの状態にしておくことは、非常に多くの問題と付き合いながら生活をしていくことを余儀なくされてしまうのです。

包茎のデメリットとしてはまず、衛生面での問題があります。包皮に包まれた亀頭は湿気が多い状態になり、さらに亀頭部分に付着した体液などがそのまま残留しやすくなるため、雑菌が繁殖する温床となります。
これらの雑菌が包皮炎や亀頭炎、尿道炎といった男性器周辺の炎症を引き起こしたり、また雑菌が残った不衛生な状態で性行為を行うことによって女性にも性器周辺の炎症をもたらしてしまう恐れがあります。
さらに包茎であることによって陰部の洗浄が不十分になることが多いため、股間の悪臭の原因にもなってしまいます。



⇒ホウケイを確実に改善できる方法はコチラ


こうした不衛生さは包茎のデメリットとしての一般的な認知が高いため、包茎であることは同時に不衛生な人であると思われてしまう可能性があり、これが性交渉の際に女性側に悪印象を与えてしまうこともあります。
そして、実際に性交渉を行う際にもデメリットはあります。包茎であることによって亀頭は外部からの刺激にさらされにくくなるため、包茎の人のペニスは刺激に弱いという特徴があります。 そのため、早漏になりやすくパートナーと満足な性交渉が行えないという問題が起こります。 また包皮自体がだぶついているため女性器に摩擦を与えにくく、感度の面でも不十分になるというデメリットも存在します。
こうした性交渉におけるデメリットは、包茎の男性にとって性交渉に対する自信を喪失させてしまい、満足のいく性生活を送れなくなってしまうという重大な問題をも孕んでいるのです。

さらに、単純な見た目の面でも包茎は男性のメンタルに悪影響を与えます。
包茎のペニスは、見た目上実際の大きさよりも小さく見えがちであり、また成人のペニスは剥けているのが当たり前だという認識によって、男性として不十分な性器を持っているという印象を見る人に与えてしまいます。
そして実際に包皮を被っていることによってペニスの発育、特に亀頭部分の発育を大きく妨げてしまうため充分な大きさにまでペニスが成長しないという問題があります。

このように、包茎は衛生面の問題や性交渉におけるトラブル、そして男性の自信や印象に大きな不安をもたらしてしまうのです。

包茎治療の必要性
以上に述べたように、こどもの包茎で積極的な治療を必要とする場合は医学的にはほとんどありません。これで納得できるご両親は病院にお子さんを連れてくる必要はありません。包茎治療の理由の多くは風習、宗教上の理由、そしてご両親の不安です。

アメリカでは新生児期、乳児期に70%近くの男の子が包皮を切除する手術(環状切除術)を受けています。これは米国社会の風習によるものであり、宗教的理由とは無関係に新生児包茎手術を広く行っている世界で唯一の国といえます。ヨーロッパや日本では新生児期・乳児期にこのような手術はほとんど行っていません。イスラム教やユダヤ教では宗教上の信条から新生児期に包茎手術(割礼)を行っています。では日本のご両親の不安とはどのようなものでしょう。以下によく聞く不安や意見を記載します。

乳幼児検診で小児科の先生から包茎といわれた
保健婦さんから包茎の治療をすすめられた
お兄ちゃんは包皮がむけるのに弟のこの子はむけない
幼稚園のお友達は手術をみんな受けているようだ
お父さんにお風呂でむくようにいわれたけどうまくできない
黄色い恥垢が、いぼのように見えて気になる
おしっこのときにおちんちんが風船のようにふくらむので病気になるのではないか
しばしばおちんちんの先端が赤く腫れているような気がする
育児雑誌に赤ちゃんのときから包皮をむいて清潔にするように書いてあった
将来おとなになってからこどもが悩まないように今のうちになおしてあげたい
こどもの包茎について迷ったり悩んだりするのは本人ではなくご両親です。
北米とヨーロッパ、日本でそれぞれ対応が異なることを見てもわかるように、こうすべきだという医療上の意見の一致はありません。医師によって多様な意見があることは当然です。
最終的にわが子に包茎の治療を行うかどうかは治療の内容、メリット・デメリットを知った上でご両親の判断すべきことです。



⇒ホウケイを確実に改善できる方法はコチラ


このページの先頭へ