太陽光発電のメリットとデメリット(問題点)【おすすめメーカー業者とは】

[]
公開日: 2017年1月13日


⇒詳細はコチラ

 

何より日常生活のを通して自然と環境について考える意識が家族の中に広がります。特に曇りの日が多く、積雪も多い日本海側は太陽光発電にとっては厳しい地域と言えそうです。いずれにしても、屋根の上という目が届きにくい場所の工事になりますので、信頼のおける業者に依頼する事がとても大切になります。逆に夏は、モジュールの温度が高温になることで発電量が低下する現象が起こり、真夏も思ったほど発電量が伸びないケースも見られます(これを克服したモジュールもあります)。これを怠ってそのまま設置してしまうと、雨漏りなどのトラブルにつながります。

Sponsored Link

 

メリットいっぱいの太陽光発電導入コスト

メリットいっぱいの太陽光発電導入コストは10年~15年で回収太陽光発電システムは、売電価格が下がったり、導入コストが高額であると言われ続けていましたが、実際は10年~15年で回収が可能です。その理由は、パネルの性能の向上と設置費用の値下げがあるからです。このように、天候や立地環境で発電量が左右されるのが、太陽光発電のデメリットの1つです。ソーラーローンのような低金利ローンが利用できるようになり、負担なく導入できるようになったことも大きな魅力です。自宅で出来る電気事業ソーラーパネルは屋根の上に設置するため、土地に余裕が無いお宅にも設置できます。


⇒一括見積はコチラ

災害時の緊急電力太陽が照っていれば停電時も1500Wという限られた電力量になりますが、電気を使う事が出来ます。パネル自体は非常に優れた耐久性を持っているものの、パワーコンディショナなどの周辺機器のメーカー保証は10年程度です。分かりにくい施工ミス太陽光発電システムの総重量は数百kgにもなるため、設置に当たっては屋根の下地や構造などを調べ、場合によっては補強工事が必要になるケースもあります。屋根の上で音もなく発電している、目立たない存在だけに、逆に日常的なメンテナンスには充分な配慮が必要です。デメリットもある太陽光発電天候や立地環境に左右される発電量メリットいっぱいの太陽光発電にも弱点はあります。

Sponsored Link

 

デメリットの電力供給をより多くするために


⇒価格ドットコムの一括見積はコチラ

災害時の電力供給をより多くするために、現在では発電した電気を貯めておくことができる、蓄電システムも注目を浴びています。忘れてはならないメンテナンス費用太陽光発電は基本的にメンテナンスフリーですが、何十年にもわたり活用するには適切な点検や修理を行う事が欠かせません。いずれ交換の必要性が生じることも想定してその費用を用意しておく事も忘れてはなりません。しかも、余った電気は有利な固定買取価格で売る事ができ、今まで使っていなかった屋根が収益をもたらしてくれます。曇りの日は30~40%、雨の日は10%程度に出力が落ちてしまうため、天候不順の年は発電量が低下してしまいます。

Sponsored Link

 

最後に

余剰電力買取制度は得なのか?

太陽光発電が「お得!」「儲かる!」と言われているのはこの売電の仕組みがあるからだと考えられます。
発電量というのは設置環境や天候などに左右されやすく、実際に余剰電力を売ることで利益が出すというのは難しい場合もあります。しかし下記の点で太陽光発電システムはとてもメリットがあるといえます。

買電、売電の金額がモニターで確認出来るため、楽しく節約ができます。
買電より売電のが金額が高い
10年~15年で設置費用のもとがとれるので、その後はお得です。

Sponsored Link

 

このページの先頭へ